銀行カードローンと消費者金融の審査の違いについて

 
銀行系のカードローンは審査が厳しいと言われます。
結論から言ってしまえば、いまどきはプロミスやアコムなどの消費者金融カードローンの方がおすすめです。

これは消費者金融と比較しての話ですが、絶対的な金利水準が銀行系カードローンの方が低いため仕方ないのです。
金融機関の金利は二つの要素があり、一つは金融機関の収益、もう一つは保証料です。

 

保証料とは、万が一の貸倒に備えた積立であり、これをたくさん確保することができればリスクを取った貸付ができます。金利が高い消費者金融の方が審査が甘いと言われる一つの理由です。

 

銀行系カードローンは消費者金融に比べると金利が低いため、リスクを取ることができず、結果として審査が厳しくなります。

 

金融機関は銀行も消費者金融も「商売道具」である貸金の回収を重視します。

 

貸倒を許容することなど言語道断ですが、それでも起きるときは起きてしまいます。

 

そのような際に持ちこたえることができるかどうかは、保証料を積み上げることができるかどうかで決まります。

 

しかし、貸金回収が確実だと判断されれば保証料を積み立てる必要はありません。

 

銀行の特性として、昔から付き合いのある顧客に対しては審査が甘くなる傾向があります。これはカードローンも同じです。

 

金融機関の融資で一番不利だと言われている派遣の仕事をしている人であっても、銀行系カードローンの審査をクリアして、利用している人が少なからず存在します。

 

このような人の多くは、昔からその銀行と取引があり、給与振込などをしているのです。

 

そのため、貸倒になる可能性は高くないだろうと判断されて、保証料が低い銀行系カードローンの審査に通るのです。

 

銀行はこのようなケースを「取引先を応援する」というような言い方をしますが、要は相手の素性などがわかっているため、いざという際にも貸金回収が確実だと判断しているのです。