カードローン金利はどのような利息計算で決まる?

 

カードローンの金利、できれば安く抑えたいものです。

 

金利が低くなれば、利息計算の利息も当然少なくなります。

 

カードローンの金利決定は、

 

@審査に通りにくい銀行カードローン程金利は安くなる

 

A限度額を大きく設定出来れば、金利は安くなる

 

といった決まり方をします。

 

カードローンの金利の決まり方、利息計算の仕組みについて解説します。

 

・カードローンの金利の決まり方

カードローンの金利の決まり方は、

 

@元からそのカードローン業者の金利は低い

 

A限度額を100万円、200万円、300万円と大きく設定するほど低くなる

 

と殆どのカードローン業者がなっています。

 

銀行カードローン、特に地銀のカードローンの中には驚くほど金利が低い、一けた台のカードローンもあります。

 

但し、金利が低いカードローンは総じて審査も難しくなります。

 

その他にも設定される限度額で金利が下がる仕組みをとっているカードローン業者が多く存在します。

 

100万円を超えると15%以下に下がり、200万円を超えると12%に下がるといった具合です。

 

どちらも信用力が物を言いますので、低い金利のカードローンを組みたいのであれば、高い年収が必要になったりします。

 

・カードローンの利息計算の仕組み

カードローンの利息計算は日払いになっています。

 

例えば残高50万円を金利18%で借りている時、その日1日に発生する利息は、

 

50万円×18%÷365日で約246円です。

 

30日間借りると246円×30日間で7,380円にもなります。

 

金利の半分のカードローンを組めば、発生する利息は半分に節約可能です。

 

カードローンの金利は限度額で決定し、利息計算において重要なプロセスです。

 

金利を下げるには信用力の向上が近道になります。

 

信用力を上げ、お得な金利での借り入れを目指してください。