カードローン審査での本人確認の内容とは?

 

カードローンの審査の際に行われるのが本人確認です。

 

本人確認は申込み者が別人ではなく、本人かどうか調べています。

 

なりすましによる不正行為を防ぐためには、本人確認が重要です。

 

カードローンの本人確認には、次の注意事項があります。

 

○ 本人確認は書類の提出が必要

カードローンの本人確認では、以下の書類を用いるのが一般的です。

 

・ 運転免許証

 

・ パスポート

 

・ 健康保険証
中には個人番号カードでも本人確認ができるカードローンがあります。

 

カードローンによっては次のケースで、住民票や公共料金の領収書など書類の追加提出が必要です。

 

・ 顔写真のない健康保険証を提出したとき

 

・ 本人確認書類の住所と現住所と異なるとき

 

書類準備の手間を省きたいときは、顔写真のある運転免許証、またはパスポートを提出すると良いでしょう。

 

○ 鮮明な本人確認書類を提出

カードローンの本人確認書類の提出方法はアップロード、ファックス、郵送など様々です。

 

提出した本人確認書類が不鮮明だと、カードローンの審査時に正確な本人確認が難しくなります。

 

本人確認書類をスキャナやデジカメなどで画像化し、アップロードするときは鮮明な画像を提出してください。

 

ファックスするときは適度な画質・濃度に調節してから送信すると良いでしょう。

 

郵送するときは鮮明なコピーを同封し、返送してください。

 

○ まとめ

本人確認書類はカードローンによって少し異なる場合があります。

 

個人番号カードは使えるが、通知カードは本人確認書類に使えないことが多いため、カードローンの公式サイトでよく確認しておきましょう。