カードローン在籍確認審査を代行業者利用してもバレない?

 

カードローン・キャッシングの在籍確認、代行会社を使うことはやめたほうがいいでしょう。

 

理由は、
@代行会社は比較的バレやすい

 

Aバレた時はそのカードローン会社は二度と利用できない

 

B期間中バレたら、一括返済を求められる

 

C自己破産などはできなくなる
からです。

 

カードローンやキャッシングの際に在籍確認を代行する会社の利用を行わない方がいい理由について解説します。

 

・在籍確認の代行会社がバレる理由

在籍確認の代行してくれる会社は、カードローン業者側でもチェックしています。

 

カードローン業者の在籍確認を行う担当者も百戦錬磨なので、代行会社に電話した場合、応答の内容でわかってしまいます。

 

バレた場合は審査に落ち、その会社のカードローンは二度と利用できません。

 

・代行会社がバレなくて審査に通ってもその後が厳しい

代行会社の利用がバレなくて、審査に通ったとしても、利用中にバレた場合は契約解除ののちに一括返済を求められます。

 

一括返済されるまで、遅延損害金が適用され借金は膨らみます。

 

『代行会社を利用した後は自己破産する』と浅はかに考えがちですが、申し込みの際の嘘は自己破産の免責不許可事由といってNG行為になるので自己破産はできません。

 

自己破産も出来ず、お金も返せず永遠に高い利息を支払わされることになります。

 

在籍確認で代行会社の使用はやめた方がいいでしょう。

 

成功する確率は低いですし、成功しても実入りは少ないです。

 

下手をすると詐欺罪で刑事告訴をされる可能性があります。